本文

HOME > 行政 > 行財政改革

行財政改革

「伊佐市行政改革大綱」について

市は、限られた財源の中で質の高い行政サービスを効率的に行うため、平成22年度から平成31年度までの10年間を推進期間とする『伊佐市行政改革大綱』を策定し、取り組んできました。

今回、平成26年度までの前期5年間が経過するにあたり、平成27年度からの5年間(後期)に向けて大綱を見直しました。

※クリックするとPDFファイルが新しいウィンドウで開きます。

◆関連項目

「伊佐市集中改革プラン」について

市は、「伊佐市行政改革大綱」【後期】の内容を実現するために平成27年度から平成31年度までの具体的な取り組みを示した「伊佐市集中改革プラン【後期】」を策定しました。

※クリックするとPDFファイルが新しいウィンドウで開きます。

「伊佐市集中改革プラン進捗状況」について

平成23年1月に策定しました「伊佐市集中改革プラン」の進捗状況について公表します。

※クリックするとPDFファイルが新しいウィンドウで開きます。

「公の施設使用料の見直し指針」について

伊佐市では、合併により類似した施設が多く存在するなか、使用料については合併のままそれぞれ異なっていました。今回、「公の施設使用料の見直し指針」を策定し、類似した施設を中心に公共施設の使用料を統一しました。

※クリックするとPDFファイルが新しいウィンドウで開きます。

「当面の行財政改革に関する方針」について

伊佐市では、持続可能で健全な行政運営のために、「当面の行財政改革に関する方針」を策定しました。

この方針は、行政改革大綱や集中改革プランが策定されるまでの間、伊佐市が取り組むべき行財政改革の方向性を示すもので、本方針に沿って平成22年度予算編成を行なっていきます。

※クリックするとPDFファイルが新しいウィンドウで開きます。