本文

HOME > 暮らし > 人権啓発

人権啓発

「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました。

部落差別は、日本社会の歴史的な過程で生み出され、特定の地域の出身であることや、そこに住んでいるという理由だけで、就職や結婚、その他さまざまな場面で差別を受ける、わが国固有の重大な人権問題です。

伊佐市においては、これまでこの差別の解消のための啓発を推進して参りましたが、残念ながらインターネット上での差別書き込みや差別事象が発生しています。

こうした中、昨年12月に「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました。この法律では、国及び地方公共団体に部落差別の解消のための施策に取り組み、部落差別の解消の必要性について国民の理解を深めるよう努めることにより部落差別のない社会を実現することを目指しています。

伊佐市では、この法律の趣旨に則り今後とも部落差別解消のための取組を推進して参ります。